自己破産の手続きナビゲーション

自己破産には借金を全て無くすことができますが、デメリットもあります。理解した上で行う様にしましょう。

自己破産には借金を全て無くすことができます

自己破産か確定すれば、借金をなくすことができ、新たに人生をスタートすることが可能です。

人は完璧なものではなく、誰もが過ちを犯してしまうことがありますが、必ずやり直しというチャンスを与えられるものではないでしょうか。

ですが、そのチャンスには、制約などもついてきてしまいます。
自己破産についてもそれは同じで、メリットだけではなくデメリットも存在しますので、しっかりと内容を把握した上で行う必要があります。

わからないことや判断に困ることが出てきた場合は弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。法律のプロフェッショナルである弁護士や司法書士に相談することで、安心して物事を進めて行くことができますね。

なるべく早めに対処して解決に向かうようにしましょう。

弁護士を大阪でさがすなら

おすすめ

過払い請求の基本知識。過払い請求ガイド

債務整理の基本知識。借金を無くすための債務整理

債務整理 大阪は債務を上手くコントロール債務整理

弁護士 大阪は弁護士の仕事

弁護士について

離婚弁護士夫婦喧嘩とは違うモラハラ離婚
弁護士 大阪交通事故に長けている法律事務所と弁護士
困った時に相談したい弁護士の存在弁護士、法律事務所 京都、大阪

自己破産について

自己破産とは自己破産の申し立てを行う
自己破産が完了するまで自己破産での司法書士費用

借金相談について

借金相談は専門分野の人に借金相談は弁護士や司法書士へ
借金相談大阪借金相談を弁護士や司法書士に依頼するメリット

過払いについて

過払い請求過度に期待せずに過払い請求
過払い過払い請求の権利

債務整理について

債務整理債務整理の任意整理とは
債務者が債務整理を行う事の短所出廷が必要な場合もある債務整理

相続について

相続手続き相続手続きや遺言書などを行政書士などに相談
相続相続手続きの相談と書類の作成方法

過払い金請求などの債務整理の手続きをする

任意整理、過払い金請求、民事再生、自己破産などの債務整理は借金問題で悩む人のための救済措置です。手続きをすることで借金を減らしたりなくしたりすることができるので積極的に活用しましょう。

過払い金請求は任意整理の一環として行うことが多い手続きですが、全額返済している場合でも手続きすることができます。

債務整理の手続きを行うためには、弁護士や司法書士などの法律のプロにお任せするのがおすすめです。借金問題の早期解決に向けて、まずは借金相談をするということから始めましょう。

借金相談の際には、現在の債務状況がわかる書類を忘れずに持参しましょう。

借金相談や過払い金の相談をして完済しよう

借金相談を司法書士や弁護士といった法律の専門家に依頼すると完済が早くなります。債務整理の方法の中に任意整理という方法があります。この方法だと金利を利息制限法の上限まで引き下げて、更に将来利息を全てカットします。

そのため支払い総額か通常の半額程度まで下がる場合があります。過払い金がある場合には、そちらの手続きも可能です。こちらの方法にはデメリットもあり、債務整理をした記録が信用情報機関に5年は乗るため、その間は一切のクレジット契約やカードローンの契約ができなくなります。携帯電話の分割支払いによる割賦契約も全くできなくなる可能性が高くなります。

自己破産による債務整理の手続き

借金問題を解決させるために行われる債務整理の手続きには、それぞれの状況や目的に応じた対処がなされており、複数の方法から対処法が選び出されます。借入先の金融業者へ交渉を行ったり、裁判所からの判断によって借金額が減らされたとしても完全な返済が不可能であると見込まれる場合には、自己破産の手続きが行われます。

弁護士や司法書士によって手続き業務が取り扱われており、裁判所などへ対する申請手続きも一括して任せることができるため、手続きに関するストレスを抱えないまま、速やかな問題解決を目指す事が可能となります。

多重債務の人は過払い請求をした方がいいわけ

以前多重債務をしていた人で、すでに返済が完了している人はぜひ自分に過払い金がないかどうか調べてみてください。特に10年以上前に借入したものの返済が終わっている人には過払い請求できる可能性が非常に高いので調べてみる価値はあります。

1社あたり0.5パーセントでも余分に利息を支払っていたのであれば、3社ほどから借り入れしていた場合、かなりのただくの返金がのぞめます。今はお金に困っていなかったとしても、あって困るものではありませんよね。ですので、電話ですぐに聞けるような内容でもあるので、ぱっと思いあたるふしがある人は聞いてみてください。

債務整理に関する基本知識

そもそも債務整理は、個人の債務を整理する手続きをすることの総称です。借金の額を減らし、重い利息負担からの解放を目的としています。債務整理の中には、大きく分けて「任意整理」、「特定調停」、「自己破産」、「個人再生」の4つがあります。

そもそも複数ある手続きの中で任意整理が適している人というのは、返済期間を延ばしたり、利息のカットをしたりすることである程度の返済の見込みがある人が適していると言えます。過払い金の発生により、借金の減額請求をすることができますが、逆に過払い金が少ない人にはあまり適していないようです。

借金でお悩みの方は債務整理

債務整理は、借金問題を弁護士に依頼することによって、借金問題の解決、将来利息の減額などを実現するための法的手段のことを指します。手続きには、任意整理や個人再生、自己破産があります。任意整理は、貸金業者と弁護士が交渉することで、月々の返済額を見直したり利息をカットしていきます。

裁判所を介さないため、費用面でのデメリットが少ないです。個人再生は裁判所を通して、3年間で完済できる金額に変更する手続きです。条件は継続した収入を得ていることです。自己破産は、裁判所に借金の返済ができないことを伝えることで、返済を全額免除してもらう手続きです。借金は全額なくなりますが、自分の財産もなくなります。

自己破産を通じた借金問題の解決策

借金を抱えている中で返済に困ってしまった場合、債務整理などを通じて問題解決を目指そうとされるケースも多く見受けられます。弁護士や司法書士など、国家資格を有する法律専門家によって代行手続きも取り扱われており、借入先の院裕会社や裁判所と掛け合うことで借金の残高が減額されることがあります。

また、完全な返済が見込めない場合においては、自己破産の手続きへと進められます。裁判所への申請によって、借金の返済義務が無くなり、日々の生活の立て直しや、将来設計の見直しが実現させられるため、速やかに対処したいものです。

誤解が多い自己破産の差し押さえに関して

借金を帳消しにできる自己破産ですが、それと引き換えに様々なデメリットがあり、そのうち最も影響の大きいのが財産の差し押さえです。ドラマなどの影響で誤解が多い差し押さえですが、実際はどのようになるのでしょう。

まず自宅の差し押さえですが、手放す必要はあるにせよ、実際に引き払うのは競売で飼い主が決まってからです。それまでの期間は住み続けることができます。次に家具などは、よほど価値が高くない限り差し押さえられる事はありません。

最後に給与に関してですが、28万円以下の給与はその4分の1が差し押さえ可能、28万円超過分は全額差し押さえ可能です。差し押さえで生活が不可能になる、という事態はまずありません。

債務整理 の任意整理の際の注意点について

債務整理の種類の1つに任意整理があります。貸金業者と、借金の返済額の減額交渉をしたり、一括返済だったものを分割返済にかえたり、裁判所を通さず、周囲にも知られずに手続が出来るので多くの人が利用しています。

借金が減額され、弁護士に依頼を行うことで、貸金業者から直接連絡が来ることもなくなり、周囲に知られることもない、いいことばかりのような債務整理の方法ですが、注意点があります。

任意整理をすると、いわゆるブラックリストに登録されるので、およそ五年間、新たな借入や、クレジットカードの作成、各種ローンを組むことができません。少し不自由な思いをするので、タイミングはよく考えましょう。

債務整理のうち任意整理を選択する対象者

債務整理については破産・個人再生・特定調停・任意整理の4種類が存在します。そのうち比較的リスクの少ない債務整理の方法の任意整理を選択できる対象は、どのような人たちかを述べたいと思います。

まず債務がなくなるのではなく、期限の猶予をもらって債務を完済するという方法であるため、多額の債務を負っている債務者には適しません。

また、債務が多数ある場合には債務を一括整理する方法でない為適しません。

そこで、この手続きを行える対象は、債務額が機嫌の猶予を受けると返済できる程度の額で、かつ、複数の債務がない対象に限られます。

弁護士の得意分野で依頼するのがおススメ

テレビなどを見ていると、法律事務所のCMを多く見ることができます。その大半は、過払い金の返済などに関するものです。これはこの法律事務所が、過払い金訴訟などについて強いということをあらわしています。

もちろん、弁護士の活躍の場は多岐にわたり、どの分野もそれなりに対応できます。しかし、それぞれに得意分野があり、それに基づいて依頼するほうが、結果的に依頼者の利益になります。刑事事件に強い人や、芸能関係のトラブルに強い人、相続手続きなどなど。弁護士に頼みたいときにはきちんと調べて、得意分野に合った法律事務所に頼みましょう。

スピーディーにすすめたい相続手続き

最近では忙しいような人が多いですので、親族の葬儀であっても急遽時間をつけて訪れている人もいるでしょう。そのような際にのちに行われる遺産相続についても、時間が非常に限られてしまうようなケースもあります。

スピーディーに相続手続きをすすめたいのであれば、弁護士に依頼をするのが一番でしょう。遺産相続を得意にしている弁護士が介入することで、遺産相続の相場や法律的な面などをしっかりとサポートしてくださることでしょう。

時間がかかってしまうとそれだけで、費用がかかってしまうようなケースもありますので、早く相続手続きをして解決することが大切になるでしょう。

法律家がサポートしてくれる相続手続き

日本には様々な種類の法律家がいますが、当然ながらサポートしてくれる内容も大きく異なります。そうした場合において、相続手続きなどのケースには戸惑う人もいるのではないでしょうか。

自分の抱えている相続手続きの内容に従い、適した法律家に依頼行うことが正しい方法になります。しかしながら、そのように適した内容を知らない人は多いでしょう。それであれば、遺産相続を専門にしている法律事務所に依頼をおこなうのがベストです。

そのような法律事務所においては、弁護士だけではなく、税理士や司法書士など複数の法律家が所属していますので、必要に応じて遺産相続手続きのサポートを得ることができるでしょう。

契約違反を指摘する時の弁護士の役割

現代社会は契約社会といわれています。私たちも、いつどこで契約書と違った事態になり、不利益を被る出来事に巻き込まれてしまうかわかりません。そんな時、頼りになるのが弁護士の存在です。その内容により法律事務所の取り扱いの得手不得手がありますので、相談する前に、事前の情報収集も怠らないことも大切です。

相手方と交渉する際、双方弁護士を立てた場合には、当事者間の直接的な接触を避けることが可能です。感情的になってしまって話が進まないというときにも、代理人として意見を交わすことで、円滑に解決への道筋を立てることができます。

弁護士は法律の専門家のアドバイザー

日々の暮らしの中で、人間関係や金銭、労働トラブルといった問題を抱えてしまう場合があります。そのようなときに、法律の専門家として相談を請け負ってくれるのが弁護士です。それぞれの地域で弁護士会というものに加入することが必須です、弁護士事務所や企業に勤務したり、法律事務所を自ら経営することで活動しています。

法律相談センターが各都道府県に多数あるので、いつでも相談できる環境が整っています。それぞれの法律事務所において、得意としている分野の法律問題がありますので、相談したい内容によって事務所を選んでみてはいかがでしょうか。

自己破産の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪弁護士会所属

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ 【HP・大阪事務所】

https://www.kabaraikin.com/ 【過払い金ナビ 多重債務の過払い金返還請求】

https://www.shakkin.net/ 【債務整理ドットネット 多重債務によるに債務整理(任意整理、自己破産)】

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

メニュー

自己破産 借金相談大阪 債務整理 過払い 過払い請求 相続 相続手続き 弁護士、法律事務所 離婚弁護士

自己破産についてや過払い請求、債務整理などの借金相談、相続手続き、弁護士への離婚相談についての情報。

自己破産、過払い請求、債務整理、借金相談、相続手続き、弁護士への離婚相談以外の問い合わせはこちら