自己破産の手続きナビゲーション

自己破産には借金を全て無くすことができますが、デメリットもあります。理解した上で行う様にしましょう。
menu

自己破産の手続きナビ

借金相談の情報

債務整理の情報

過払い請求の情報

相続手続きの情報

離婚弁護士の情報

自己破産の手続きナビTOP 借金相談大阪 自己破産 債務整理 債務整理の任意整理とは

目次

  1. 債務整理の任意整理とは
  2. 債務整理を行う場合に自己破産と任意整理どちらにすべきか
  3. 自己破産を含む債務整理での借金解決
  4. 少額の借金相談、過払い請求、債務整理なら司法書士に頼るのがおすすめ
  5. 自己破産などの債務整理における借金相談
  6. 債務整理である自己破産をおこなう
  7. 自己破産などの債務整理をすべきか

債務整理の任意整理とは

債務整理にはいくつかの種類があり、任意整理も債務整理のうちの一つです。

任意整理は裁判を通さずに直接貸金業者に交渉し借金の減額や返済方法の変更などを行うことです。

個人で任意整理をすることもできますが、貸金業者の中には任意整理を避けようとするところもあるので、交渉ができない場合があります。

そういった時は、弁護士や司法書士に相談すると良いでしょう。弁護士や司法書士に債務整理を依頼することで一時的に取り立てを止めることもできます。

債務整理を行う場合に自己破産と任意整理どちらにすべきか

債務整理を行う場合に自己破産と任意整理をおこなえますが、双方については大きく役割が変わりますので、注意深く検討する必要があります。しかしながら借金返済の目処が立てそうな人であれば自己破産ではなく、任意整理での処置となるでしょう。

裁判所に破産の申し立てをおこなう場合には、それ相応の覚悟が必要となり、そうゆう人でないと実際の免責も受けられないでしょう。借金帳消しにする事はそれほど重いものとなります。借金に悩んでいるようであれば、弁護士や司法書士に速やかに相談し適した債務整理をおこなうことがいいでしょう。

自己破産を含む債務整理での借金解決

債務整理には複数の方法が存在しており、一人ひとりの状況や目的に応じて、どのような解決方法を選択するかが異なります。裁判所への手続きが必要とされない任意整理は、借入先である金融業者への直接交渉が行われることによって、返済額の見直しが進められます。

また、裁判所からの判断に基づいた個人再生を通じて借金額が減らされる場合もあり、今後の生活における見直しが可能となります。さらに、完全な返済が難しい場合においては自己破産による問題解決が選択されます。借金額が帳消しとなるなど、長年抱えられてきた悩みの解消に繋がります。

少額の借金相談、過払い請求、債務整理なら司法書士に頼るのがおすすめ

法律事務所に借金の相談をする際は、その法律事務所にどのような資格を持った人が在籍しているのか、あらかじめ調べておくことをお勧めします。借金の総額が140万円以下と比較的少額であれば、認定司法書士による債務整理が可能です。

司法書士は法的書類の作成が本来の仕事なので、弁護士と比較すると借金相談に対応できる範囲が狭いです。ですが少額の債務整理に特化した法律事務所も多く、対応範囲が狭いぶん依頼費用も割安に設定されています。街の法律家と呼ばれ、身近にいくつも法律事務所があり、庶民に親しまれる敷居の低さも大きな特徴といえます。借金に苦しんでいる方には気軽に相談できる存在です。

自己破産などの債務整理における借金相談

債務整理は借金での問題を法律家に相談するなどして、解決していく方法になります。方法としては過払い金請求や任意整理、個人再生、自己破産などの方法があります。自己破産はそのなかでも一番後の手段とも言われていて、裁判所で求められなければおこなうことのできない方法です。

日本においては借金に悩む人は全体で、200万?300万人以上いると言われています。一人で悩んでいても深刻化してしまうばかりですので、弁護士や司法書士に借金相談することがのぞましいでしょう。最近では無料で相談にのってくれる場所も増えていますので、そのような事務所を利用してもいいでしょう。

債務整理である自己破産をおこなう

多額の借金を返済できないほど抱えてしまった場合、対処法としては債務整理で法的に解決することになるでしょう。債務整理には任意整理や個人再生などの方法があり、最終手段として自己破産をおこなう方法もあります。

自己破産は裁判所に対して申し立てをおこなうことで、認められれば支払いの免責許可を得ることができます。しかしながら、認められなかった場合には破産をすることができません。手続きなども非常に煩雑でありますので、弁護士などの法律家に依頼し代理業務を依頼することが、可能性としては一番確実な方法と言えるでしょう。

自己破産などの債務整理をすべきか

自己破産などの債務整理をすべきかどうかは、一度弁護士や司法書士と話し合って決めていくことをおすすめします。 なぜなら、法律的に解決する方法としては任意整理や個人再生と言った方法もあるからです。

弁護士や司法書士においては、これらの債務整理に慣れていますので、冷静な視点で判断をおこない、どの方法が適しているかを見極めてくれるでしょう。破産については認められれば借金が免責されますが、そのかわりにリスクも数多くありますので、そのことも理解しておかなければいけません。専門的な知識が必要となりますので、弁護士や司法書士に依頼する方がいいでしょう。

債務整理に関する情報

メニュー

自己破産 借金相談大阪 債務整理 過払い 過払い請求 過払い大阪 弁護士 大阪 弁護士

自己破産についてや過払い請求、債務整理などの借金相談、相続手続き、弁護士への離婚相談についての情報。