自己破産の手続きナビゲーション

自己破産には借金を全て無くすことができますが、デメリットもあります。理解した上で行う様にしましょう。
menu

自己破産の手続きナビ

借金相談の情報

債務整理の情報

過払い請求の情報

相続手続きの情報

離婚弁護士の情報

自己破産の手続きナビTOP 弁護士 大阪 過払い 過払い 大阪 過払い請求 過払い請求の権利については司法書士に相談

目次

  1. 過払い請求の権利については司法書士に相談
  2. 弁護士に過払い返還請求を依頼するときの準備
  3. 相談したい過払いの対応をする弁護士
  4. 過去の多重債務は過払い請求により解決
  5. 多重債務の解消には過払い請求が有効です
  6. 少額の過払いも相談できる弁護士
  7. 忘れていた過払いを弁護士相談

過払い請求の権利については司法書士に相談

債務者は過払い金がある場合は、金融業者から返還してもらう権利があります。

その過払い金返還請求手続きの依頼を誰にするのか、弁護士か司法書士か選べます。その返還額の合計金額が140万円に達しない場合は、司法書士に依頼することが出来ます。

司法書士に依頼するメリットは、一般的に依頼料が弁護士より安価であるということです。

もともと債務を負うということはお金がない状態であることがほとんどですので、過払い金の返還をしてもらうにしても弁護士費用がかかりすぎると意味がありません。

返還額が少ないのであれば、報酬も少なく済んだ方がよいでしょう。

弁護士に過払い返還請求を依頼するときの準備

弁護士に対して過払い返還請求を依頼するときには、債務者の債務がすべて返済されている必要があります。そのため、相談する前にきちんと債務の履行が終わっていなくてはいけません。過払いは、法定金利を超えたグレーゾーンと呼ばれる金利の問題であるため、この問題に巻き込まれているときには大半のケースでお金を取り返すことができます。

弁護士に相談をすると、任意整理という手続きによって相手に対して返還請求を行い、仮に相手から拒否されたとしても拒否する正当な理由がない限りは取り返すことができることが多いので安心して任せればよいでしょう。

相談したい過払いの対応をする弁護士

どの法律家に相談するかという事で悩んでいる人もいる様ですが、高額な場合には過払いの対応をする弁護士でないと対応できない事もあります。過払いの対応をする弁護士は、いかなる問題でもオールマイティに対応する事ができます。

また、金額が低くても返済に関する問題を抱えている場合などには、過払いの対応をする弁護士に相談する事もできます。過払いの対応をする弁護士はあらゆる問題に対応する事ができるため心強く感じられる事もあるでしょう。

本当に困った状況にあるという人であれば、過払いの対応をする弁護士から適切だと思われる人を探して相談するといいでしょう。解決を目指して頑張りましょう。

過去の多重債務は過払い請求により解決

昔借りていたという人は、過払い請求を行ったほうがいいでしょう。過去に多重債務で悩んでいた人は、より請求を行って返してもらったほうがいい場合もあります。しかし時効を迎えている場合があるので、もし時効によって回収できなかった場合は仕方ありません。

10年以内であれば、まだ多重債務で払っていた金額も回収できるようになりますので、困っているならどんどん請求を行ってください。過払い請求を行っていれば、払い過ぎだった金額は全て返ってきます。本来なら払わなくても良かったものが、簡単に回収できるので、金銭的な余裕も生まれます。

多重債務の解消には過払い請求が有効です

毎月の借金返済に行き詰まり、その返済のために別の業者から借金を重ねてしまったときが多重債務の始まりとなります。この状態になると、個々の業者からそれぞれどれだけのお金を借り入れているのかわからなくなり、返済計画が立てられなくなります。

多重債務の状態に陥ったら、まずは弁護士に相談して債務整理を行い、借金の額を正確に計算しなおしてもらいましょう。なお、その債務整理の過程で、過去に違法に金利でお金を借り入れていることが分かった場合には、支払いすぎた利息を取り戻すための過払い請求も有効です。過払い請求で過払い金を取り返すことができれば、実質的な借金の額が減り、返済負担の軽減に繋がります。

少額の過払いも相談できる弁護士

つい過払いの金額が少額となりそうな時には、弁護士への相談を諦める人もいる様です。少額の過払いであっても、弁護士相談を受けたいという場合にはそれも可能でしょう。

少額の過払いで弁護士相談を受けると、法律費用が高額になってしまうのではないかと懸念する人もいます。しかし、過払いの事で弁護士相談を受けた際には、取り戻せた金額から一定の金額を支払う事になります。

そのため、少額の過払いであっても、弁護士に相談するメリットがある場合もあります。法律相談を受けるかどうかという事は、最終的に自分で判断する事ができますが、費用を取り戻すには、時効を過ぎていない事を確認する必要があります。

忘れていた過払いを弁護士相談

たとえ過去の借り入れで忘れてしまっている過払いであっても弁護士相談を受ける事ができます。

過払いについて弁護士相談するなら、いつ取引が完了しているかという事が問題になってきます。

時効が過ぎているのであれば、過払いの事で弁護士相談を受けても、取り戻せる可能性は極めて低くなります。

しかし、かなり古い借り入れであっても、時効が過ぎていない場合は、過払いを弁護士相談する事で取り戻す事ができます。

忘れてしまっている借入があれば、取引が分かる書類を探して過払いの相談を弁護士に行う事をおすすめします。

また、書類を紛失してしまっている場合でも取り寄せが可能ですので、トライしましょう。

過払い請求の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

過払い請求に関する情報

メニュー

自己破産 借金相談大阪 債務整理 過払い 過払い請求 相続 相続手続き 弁護士、法律事務所 離婚弁護士

自己破産についてや過払い請求、債務整理などの借金相談、相続手続き、弁護士への離婚相談についての情報。

自己破産、過払い請求、債務整理、借金相談、相続手続き、弁護士への離婚相談以外の問い合わせはこちら